生命保険の選び方、ポイントは中立なプロへの無料相談

こんにちは。
シンガーソングライターの福島亮介です。

 

自分や家族の人生、そして幸せを守る生命保険。
就職や転職をしたとき、結婚をしたとき、家庭を持ったときやマイホームを購入したとき。
加入や保障内容の変更を検討するタイミングは何回もやってきます。

その度数多くの種類や保険会社の中から、自分の年齢や環境、生活スタイルなどにあった最適な保険を選ばなくてはいけません。
更には、何の保障なのか誰のための保障なのかいつまでの保障なのか
考えなければいけない点は山ほどあります。

ただでさえ日常的ではなく難しい分野なのに、その情報量は恐ろしく膨大。
簡単に保険を選ぶと言っても、かかる労力は計り知れません。

ですが。
自分のため、そして誰かと生きていく上での幸せ守る、その重要な役割を担う生命保険。
わからないからと言って間違った選び方で失敗はしたくはないですよね。

今回は、「生命保険はどうやって選べばいいの?」という疑問を解消するための方法を紹介します。

最適な生命保険にたどり着くための、手伝いになれば幸いです。

 

 

 

もう一歩考えよう!「なんとなく」の加入はNG




 

ネットで簡単に調べて・・。
セールスマンに言われるがまま・・。
そんな風に簡単に保険会社や商品を決めていませんか?

これだけの情報量、そして生命保険は加入しなければいけないものという常識にも後押しされて、思わず「これでいいか」となってしまう気持ち。
とてもわかります。

ただ、その保険は今の状況に本当にふさわしいものでしょうか。
年齢は?既婚・独身?お子さんの有無は?
毎月毎月保険料を支払っているのに、いざというそのときに必要な保障がない。
必要のないものを掛け捨てで支払い続け、結局何の保障も得ることのないまま満了。
など、今の軽い判断でこれからの長い人生が大きく左右されます。

そんな結果にならないように、加入の際には一度じっくり向き合って検討する必要があります。

 

まずは自分の状況確認が重要




 

まずは少し先の未来を見据えながら、今の自分や家族にはどんな保険が必要なのか。
その状況確認をすることが重要です。

例えば

20代、30代で独身という方であれば

20代、30代で独身という方であれば、考えるべきは病気やケガをして入院したとき、働けなくなったときの医療保障。
万が一自分が亡くなったときのお葬式代としての死亡保障。
こういった保障内容を中心に選べばよいと思います。

これが既婚・子供ありの場合では考え方が変わってきます

自分が亡くなったとき家族に残す生活費・子供の学費などを考慮して、もう少し死亡保障を手厚く、また貯蓄性のある保障内容を考える必要があります。

40代を越えたあたりでは

どちらかというと老後の貯蓄は少しずつ尻下がりに考え、それよりも死亡保障に加え病気やがんなどの医療保障を手厚く考える必要があるでしょう。

更に50代、60代となると

今度は病気やがんに加えて介護保険の必要がでてきます。
この頃になると、夫婦二人での生活に戻ることが多いと思うので、貯蓄性のある保険はほぼ不要になってきますね。

一例ですが、このようにまずは今自分がいる状況を確認することが最も重要です。
そこがわかれば、何に対しての保障がいつまでいくら必要かという具体的な検討ができるようになります。

 

ここからが本当の保険選び




 

今の自分にどんな保障がいつまでどれくらいの額必要なのかがわかったら、ここからが本当の保険選びになります。
参考までに、生命保険の代表的な種類や保障期間、その特徴などを簡単に紹介します。

定期保険

  • 契約期間中は金額が変わらない
  • 満期で終了とせず更新すると、その都度保険料が上がっていく
  • 5年、10年などと保障されている期間が決まっており、終身保険と比べると保険料が安い
  • 一般的に解約時の返金はない、いわゆる「掛け捨て保険」
  • 必要な一定期間、死亡や高度障害など高額な保障を安く受けられる

終身保険

  • 期間が決められている定期保険とは逆に、保障期間は一生涯
  • 保険料も生涯一定で変わらない
  • 終身保険を解約したときは「解約返戻金」が受け取れ、そのため貯蓄性がある保険とも言われる
  • 「解約返戻金」の分が上乗せされているため、定期保険に比べると保険料が割高
  • マイホームの購入、進学資金などまとまった金額が必要なときのための半ば強制的な貯金としても活用できる

養老保険

  • 保障+貯蓄というイメージの保険
  • 満期まで生きていた場合は、満期給付金という保険金と同額の金額が受け取れる
  • 満期までに死亡など保険の対象となった場合ももちろん保障対象
  • 毎月の貯金額も自由に設定ができ、計画的に貯蓄をしつついざというときは保障を受けられる
  • +貯蓄の役割が強い保険のため、月々の保険料は高い
  • 養老保険を利用して貯蓄をする、ついでに保障も受けられると考えて加入するのが吉

死亡保険

  • 病気や事故などで死亡したり、高度障害となった場合に保障される保険
  • 医療保険の内容(入院費や手術費など)は対象外
  • 主に、残された/介護が必要となった家族の経済的負担を軽減させるための保険

医療保険

  • 病気やケガなどで入院をしたり手術をしたときなど、その医療費を保障する保険
  • 人気も需要も高く、生命保険に加入する人の約8~9割が加入している
  • 社会保険、国民保険などの公的医療保険もこの種類に入る
  • 公的医療保険では保障仕切れない費用負担を、民間の医療保険で賄うというイメージ
  • がん保険や女性に特化した医療保険などもある

学資保険

  • 子供の小学校~大学までの進学/教育費に備えるための保険
  • 満期時に受け取れる祝い金や満期金を、進学時の費用に充てるという使い方が一般的
  • 自分が万が一死亡や高度障害に陥ったときでも、予定通りの祝い金や満期金が受け取れる。

 

第一生命・明治安田生命・日本生命などをはじめ数多くの保険会社があり、それぞれにこういった保険の種類を組み合わせた商品、そして特徴があります。

いまの自分の状況を把握してからが本番。
これらをうまく組み合わせ最適な保険選びをする必要があります。

 

迷ったら頼れる保険のプロに相談




 

自分だけで最適なプランを選ぶためには、その情報収集・勉強などに相当の労力が必要です。
更には、膨大な時間をかけて調べて自分の納得のいく保険に加入したとしても、いざそのときがくるまで、果たして本当にそれが自分に合っているのかという確信を持つのは難しいでしょう。

そんなときのために、豊富な知識と経験で最適な保険を紹介してくれる窓口があり、保険アドバイザーたちがいます。
メリット・デメリットを踏まえ、最適な保険の種類だけではなく家計節約や将来の資金設計など保険を活用する方法無料でサポートしてもらえます。

不動産購入や多額のローン、投資や資格取得など、初めてのことで大きな時間やお金が動くものについては、まずは専門家への相談から入ることが多いと思います。
保険は、その中でも特に人生に大きな影響を持つ分野。

調べて考えて、行き詰まったり迷ったら。
とりあえず・何となくで決めてしまうのではなく、まずはしっかりプロのアドバイスを受けましょう。
そして自分で調べるだけではまったく見当もつかないようなアイデアを、無料で提供してもらいましょう。

 

「みんなの生命保険アドバイザー」の無料相談を活用しよう




出典:https://xn--68j3btkman8xoc0db0437elvch7qqv0fh15a0ba3768bunef27d.com/

 

迷ったときの相談窓口としてぜひ検討したいのが、「みんなの生命保険アドバイザー」。

相談実績30万件以上。
プロによる生命保険についての無料相談サービスを全国展開している、業界最大手の老舗です。

 

オススメの理由


1.中立的で最適なアドバイス

「みんなの生命保険アドバイザー」のアドバイザーたちは特定の保険会社に属していないため、複数の保険会社の商品から最適な保険をアドバイスすることが可能。
中立的な立場からそれぞれの保険のメリットデメリット受けられるため、納得してから保険を選ぶことができます。

出典:http://www.41fp.com/lp/ASP_5000_2/


2.無理な勧誘は一切なし

ストップコール制度により無理な勧誘が禁止されているため、安心して「相談」をすることができます。
また担当アドバイザー変更制度もあり、合わないと感じた場合は変更も可能。

出典:http://www.41fp.com/lp/ASP_5000_2/


3.何度でも相談無料

保険加入まで、大体2~3回相談する方がほとんど。
「みんなの生命保険アドバイザー」は、納得がいくまで何度でも無料で相談することができます。

出典:http://www.41fp.com/lp/ASP_5000_2/


4.たった1時間の保険相談の満足度が97%

この驚くほどの満足度からも、質の高さがうかがえます。
具体的なことはこれから、まずは気軽な相談というときでも頼りになります。

出典:http://www.41fp.com/lp/ASP_5000_2/


5.相談実績30万件以上、何より業界最大手の老舗という安心感

保険相談サービスの中でもトップクラスの成績。
長年蓄積された知識や経験が、何よりもの安心に繋がります。

出典:http://www.41fp.com/lp/ASP_5000_2/

 

無料相談までの流れ

出典:http://www.41fp.com/lp/ASP_5000_2/

 

口コミでも絶賛多数

30代女性 主婦
良い保険に見直せたし、お金全般の勉強ができてよかった!

40代女性 主婦
保険を見直して費用が安くなったし、お得な貯蓄方法まで聞けてよかった。

30代女性 主婦
大変勉強になりました。自分たちにとって必要な保険が何か見えてきました。

20代女性 主婦
上手な貯蓄の方法や、節約術、将来かかるお金の計算もできてとても有意義な時間でした!

 

名実ともに確かな「みんなの生命保険アドバイザー」。
何度でも無料で相談ができるので、わからないことがわからない、まずはそんな漠然とした悩みのままでも安心です。
相談する中で、自分が今どういう状況でどんな保障がいつまでどれくらいの額必要か。
そこさえしっかり見えれくれば、多くの情報の中迷わずに最適な保険選びができるでしょう。

 

まとめ




 

膨大な情報量に惑わされて、とりあえず何となくで生命保険に加入するのはNG。
なぜなら、年齢や既婚/独身、子供の有無などの状況によって必要な保障内容が変わり、それによって毎月の保険料も変わってくるからです。

今の自分にとって、どんな保障がいつまでどれくらいの額必要か、そこが明確になってきてようやく具体的な保険選びができるようになります。

定期・終身・養老保険といった保険の種類にはそれぞれ特徴とメリット・デメリットがあります。
そして重視すべきなのは死亡保険なのか医療保険なのか、それとも学資保険なのか。
ある程度のセオリーはあれど、人によって考え方も条件も安心を得られる度合いも変わってきます。

多くの種類・保険会社の中から、自分だけで最適な保険を見つけるには相当な労力が必要となり、かつ確信を持つのは困難です。
その為にいるのが保険のプロ、保険アドバイザーたちです。

中でも、全国展開している業界最大手の老舗「みんなの生命保険アドバイザー」はその評判と確かな実績でオススメの保険相談サービスです。

何度でもできる無料相談、保険会社無所属だから可能な複数保険会社を見た上での中立的なアドバイス
そして勧誘のない「相談」という姿勢
多くの安心が、わからないだらけの不安な状態をサポートしてくれるでしょう。

生命保険の加入や変更の際は、ぜひ無料相談の検討をしてみはいかがでしょうか。

それでは、長い人生と幸せを守る最適な生命保険に出会えることを祈っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

▼無料相談を検討中の方はどうぞご覧ください▼

生命保険 相談

 

 

最近の記事






  • はてなブックマークに追加