合宿免許で最短かつ安いのは結局どこ?おすすめの選び方

こんにちは。
シンガーソングライターの福島亮介です。

 

大人になるにつれて、多くの人が通るイベントがたくさんあります。
入学や卒業、就職、結婚、出産にマイホーム購入、定年退職。
または初めてローンを組む、初めて海外に行く、初めて夢を持つ。
こういったことも大切なイベントです。

その中にひとつ。
免許を取るという大きなイベントがあります。

免許を取り車やバイクなどがある生活を想像すると、未知で無限、そして一気に自分のステータスが上がり可能性が広がることにワクワクしますよね。

免許を持っていることのメリットは仕事でもプライベートでも非常に多くあります。
また免許がないことで本来気付けるべき幸せを見逃してしまったり、歯痒い思いをする場面も出てくるかもしれません。

今回は、この免許を取るという大きなイベントにあたって失敗しない・損をしない・効率よく取得できる、そんな方法を解説・紹介していきたいと思います。

 

 

 

免許は「人生を豊かにする」ための資格




 

車・バイクなどに乗ることができる、身分証として提示ができる、仕事の幅が広がる、信用性。
免許という資格がもたらす効果は様々で、どれも貴重なものです。

車に乗れれば、個人でも遠くに行くことができます。
身分証として、大体の公的機関に提示することができます。
仕事の幅も広がり、免許があれば何の職にも就けないということはまずないでしょう。

でも、免許とはそれだけのものでしょうか?
いいえ。
言ってしまえば、免許とは自分や周りの人の人生をも豊かにするための資格なのです。

 

 

多くのメリットと生活の支え




 

免許を持つということは、自分だけではなく自分の周りの人の生活さえも豊かにします。
そして成長に伴い自分の世界が広がれば広がるほど、比例してその機会は増えていきます。

例えばこのような場面で、もし免許や車がない場合どうでしょうか。

  • 交通の便が悪い地域に転勤になったり、旅行へ行ったとき
  • 大量、または大きなサイズの買い物が必要なとき
  • 夜中の子供の急な発熱などで、病院に連れて行かなければいけないとき
  • 家族以外にも、急病人を病院まで運ばなくてはいけない場面に出くわしたとき
  • 親の介護が必要になったとき
  • 震災や停電時など、車のラジオやテレビで情報を得たり、携帯の充電などが必要なとき
  • 友達の引越しの手伝い
  • ペットを連れて遠出するときや動物病院へ行くとき
  • 居酒屋で酔いつぶれた家族や友人を引き取りに行くとき
  • 大雨で立ち往生する大切な人を駅まで迎えにいくとき
  • 車好きの上司に話を振られたとき
  • おまけ:夫婦喧嘩で逃げ場所が必要なとき


その場になったら何かしらの対応策を練るとは思いますが、その労力や手間、または費用面でも大きな差が出てきます。

また、単純に免許や車があることのメリットとしても多くのことが挙げられます。

 

  • 身分証として使える
  • 仕事や行動範囲の幅が広がる
  • 信用性が高まる
  • 仕事で運転手を買って出ることができる
  • 免許があることで会社から手当てが出る場合もある
  • 突然のレンタカーにも対応できる
  • 時間にとらわれず好きな場所に行ける
  • もうひとつのパーソナルな空間が持てる
  • 車を運転する視点で自転車や歩行者の危険性がわかり、事故リスクが減る
  • 国道や標識、記号などに詳しくなる
  • 助手席で平気で寝るということがなくなる
  • 「乗せてもらって当たり前」の精神がなくなる
  • 新しい趣味としても向き合える


まだまだメリットはあると思いますが、つまりここで言いたいのは
「免許は資格であり、ただの資格にあらず」
ということ。
そして、自分だけではなく周りの家族・友人、自分に関わる多くの人の生活も豊かにすることができるということです。

 

 

免許所有率からわかる、重要性とその証拠




出典:交通安全白書-内閣府


日本人口の男性85.3パーセント女性64.9パーセントが免許を持ってます。
世代ごとに開きはありますが、20代~50代あたりまでを取り上げると、男性は9割以上、女性も8~9割
実に10人のうち8~9人が免許を持っているのです。
また女性がどんどん社会に出て第一線で働く時代になり、男女の役割が均等になるにつれて、男性に比べて女性の免許所有率が急上昇しているのもわかりますね。

「免許は普通取るものだから」
そんな簡単な理由で、常識として取る人がほとんどかもしれません。

でも。
ひとつの物事が常識になるということは、ものすごいことです。
絶対に必要なもの、絶対に得をするもの、そしてそこから反れてはいけないもの。
そういった民意が何年も何年も受け継がれ、気づかない内に常識となり「免許は取るもの」という教育をされるまでになったのです。

「免許は人生を豊かにするための資格」である。
普段特別意識していなくても、無意識にそれを理解しているということではないでしょうか。

 

 

通学?合宿?オススメの免許取得方法




 

すでに免許を取ろうと思っている人は、まず通学をするべきか、または合宿で取るべきかと迷うことがあるかもしれません。

今回オススメするのは合宿です。

人によっては、それぞれメリット・デメリットを感じると思いますが、特に費用や教習期間、また時間を有効に使うという点でも合宿の方が圧倒的にメリットが多くあります。

費用比較

合宿
・20~30万程度
・交通費が至急されるところが多い
・不合格になっても追加料金が取られない保証付のコースがある

通学
・20万後半~33万前半程度
・交通費はほとんど出ない
・基本的には不合格となった場合、追加で料金が発生する


教習期間比較

合宿
・2~3週間程度
・毎日教習があるため、感覚が鈍ることなく集中的に慣れることができる

通学
・1~3ヶ月程度
・予定次第で期間が空くと、集中力低下や前回の内容を忘れてしまうデメリットがある


一般的な比較ですが、ある程度まとまった時間が取れるならメリットが多いのはやはり合宿。
グループで旅行気分で参加、また免許を取るという同じ目的で出会った人と仲良くなれるなんていうメリットもありますね。

通学も、自分のペースで取れる・馴染みのある道路で練習ができるなどメリットはありますが、免許の取得はメンタル的・費用的・時間的にも、短期集中が何よりオススメです。

 

 

最初の一歩!「合宿免許ドリーム」を活用しよう




出典:https://dream-licence.jp/

全国の合宿免許情報を掲載、教習所紹介などを行っている「合宿免許ドリーム」。
その安さ、期間、安全性から非常に評判が高く利用者が続出しており、初めての免許取得、わからないことがたくさんあって不安という方には必須のサイトです。

合宿免許ドリームが選ばれる理由は何なのでしょうか?
いくつか公式サイトから抜粋してご紹介します。

出典:https://dream-licence.jp/


出典:https://dream-licence.jp/


出典:https://dream-licence.jp/

さらにここが嬉しい!
同じコース内容で他社より1円でも高い場合、同額に値引きしてくれる「最低価格保証」

出典:https://dream-licence.jp/

「合宿免許ドリーム」は、免許を取るにあたっての情報・知識・流れ、そのすべてが高水準かつわかりやすく詰まっているサイトです。
困ったことやわからないことが出てきたら、とりあえずこのサイトを見ればOK!

免許取得を考えている方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

まとめ




 

人生の中で起こるたくさんのイベント、その中のひとつである「免許の取得」。
免許という資格による効果やメリットは多く、どれも貴重なものばかりです。

そして免許があるということは自分や周りの人の生活を豊かにすることにも繋がり、いざというときにかかる手間や労力、費用などにも大きく差が出てきます。

内閣府が公開している交通安全白書では、日本人口の男性85.3パーセント、女性64.9パーセント
特に20代~50代では10人のうち8~9人が免許を持っているという結果。
これは、免許を取るということが常識化されており、いかにメリットがあり重要なことかを表す結果でもあります。

ただ、一口に免許を取るといっても期間や費用、取得までの流れ、教習所の場所から必要なものまでわからないことばかり。

そんな方には、すべて解決できる「合宿免許ドリーム」をオススメします。
最低価格、短期間、安全の確保、そして免許取得のための総合的な情報を掲載しており、ここだけを見ればまるっと理解できるサイトです。
そしてしっかり心の準備ができたら、そのまま仮申し込み・入校手続きまで可能

初めてで不安な免許取得、間違いなくその力強い味方になってくれます。
ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

これからの新しい一歩を、応援しています。

 


合宿免許ドリーム

 

 

最近の記事






  • はてなブックマークに追加