<<<< cover120 TOPへ戻る  << 前へ 次へ>>


 

■スピッツ「点と点」 曲/歌詞の解説(解釈)や感想
発売日:2007年10月10日
収録アルバム:さざなみCD

切れの良いリズムに疾走感が気持ちよいビートナンバー
あまり露出のないマイナーな曲、あまり「らしくない曲」とも言えますが、
こういうスピッツのゴリゴリした重い部分からファンになった人も多いはず。
演奏技術の高さ、安定さはさすがに素晴らしい。
長く音を合わせ続けているメンバーの阿吽の呼吸を感じるようです。
ストロボや過激な照明の中、弾きじゃくる姿が似合う1曲。
Copyright © Fukushima Ryosuke All Rights Reserved.