<<<< cover120 TOPへ戻る  << 前へ 次へ >>




■スピッツ「空も飛べるはず」 曲/歌詞の解説(解釈)や感想
14th single
発売日:1994年4月25日 
収録アルバム:空の飛び方
MV:https://www.youtube.com/watch?v=h-kQw4JqCHE

ドラマの「白線流し」の主題歌だったのを覚えています。
スピッツのボーカルはわりと柔らかく空気感たっぷりに録られている
印象が強いですが、この曲は割りとザラザラした感じ。
草野マサムネさんの声が加工されずそのまま乗っているように思います。
だからこそ余計に元の声の柔らかさや少しハスキーな部分の魅力が
感じられます。
決して難しいことはやっていないはずなのに、歌ってみると不思議と
かなり神経を使いました。
シンプルな曲ほど完成度を上げるのが難しいと感じた1曲でした。


Copyright © Fukushima Ryosuke All Rights Reserved.