<<<< cover120 TOPへ戻る  << 前へ 次へ>>


 

■スピッツ「恋のはじまり」 曲/歌詞の解説(解釈)や感想
発売日:2005年1月12日
収録アルバム:スーベニア
Live:https://www.youtube.com/watch?v=_1Ud3HyBq_o


少しもたった曲調に空気感たっぷりの草野さんの声が乗って
何ともいえない浮遊感、気持ちの良い1曲。
「時が止まったり」「花屋のぞいたり」、恋がもたらす晴れやかで
心地よい心情がとても伝わります。
スピッツには恋の歌が多くありますが、あくまで愛の歌ではなく恋の歌、
そしてその表現がどれも核心をついていて、スピッツに「かわいらしい」
イメージがつく理由になっていると思います。

Copyright © Fukushima Ryosuke All Rights Reserved.