<<<< cover120 TOPへ戻る  << 前へ 次へ>>


 

■スピッツ「初恋クレイジー」 曲/歌詞の解説(解釈)や感想
発売日:1996年10月23日
収録アルバム:インディゴ地平線

怖いもの知らずの初恋時期を歌った甘酸っぱい曲。
タイトル通り、初恋が実らす強烈な無敵感がとても伝わります。
リリース当時草野さんは29歳くらい。ちゃんと大人の言葉で
この時期の初々しさを表現できるのは、文才もあるだろうけど、
本当に純粋な生き方をしてる人なんだろうなと思います。
ときめきや嫉妬、まさに「見慣れたはずの街並も ド派手に映す」
あの頃がとても恋しくなる1曲です。


Copyright © Fukushima Ryosuke All Rights Reserved.