<<<< cover120 TOPへ戻る  << 前へ 次へ>>


 

■スピッツ「ありふれた人生」 曲/歌詞の解説(解釈)や感想
発売日:2005年1月12日
収録アルバム:スーベニア


曲中での「ありふれた人生」とは、おそらく主人公からすると辛い現実から逃げ出すこと。
違うとわかっていても変われない、そんな弱さが見える歌です。
君と会っているときはその自己嫌悪から解放され、君に会いたいと
すがるように繰り返されている情景が想像できます。
女々しい部分も見られますが、共感もできて、同時に身近に心の拠り所を
置ける人がいるという大切さも感じる1曲です。


Copyright © Fukushima Ryosuke All Rights Reserved.